ストラッチャテッラチーズとはどんなもの?ボ~ノ・イタリア~ノがわかりやすく解説!

イタリア語で「引きちぎる」「糸を引く」という意味を持つ、フレッシュチーズの一種「ストラッチャテッラチーズ」。日本ではまだメジャーではありませんが、そのとろりとした食感とミルキーな味わいに、いま注目が集まっています。

この記事ではボ~ノ・イタリア~ノがストラッチャテッラチーズの特徴や、その美味しい食べ方について解説していきます。

そもそもストラッチャテッラチーズとは?

画像素材:iStock

ストラッチャテッラチーズが何なのかを語るためには、まずは「ブッラータチーズ」というチーズについてお話しなければなりません。

ブッラータチーズとは、イタリア・プーリア州で生まれたフレッシュチーズの一つ。袋状に成型したモッツァレラチーズの中に、濃厚な生クリームと繊維状に引きちぎられたモッツァレラチーズが詰められたチーズで、ナイフを入れるととろりと中身が溢れ出すのが魅力です。

そして今回ご紹介するストラッチャテッラチーズとは、そんなブッラータチーズに詰められた「中身」のこと。トロトロとなめらかな口当たりが特徴で、濃厚でミルキーな風味が口いっぱいに広がります。ブッラータチーズと同様に水牛や牛のミルクで作られているためクセはなく、日本人でも馴染みやすいチーズの一つと言えます。

美味しい食べ方は?

画像素材:iStock

ストラッチャテッラチーズを食べる上で最も大切なのは、その「温度」。チーズは冷やすことで固くなってしまうため、食べる30分ほど前には冷蔵庫から取り出しておくことが大切です。

ミルキーな味わいが魅力のストラッチャテッラチーズは、生ハムなどの塩味の強い食材や、甘酸っぱいトマトとの相性が抜群。クセの無い味わいなのでモッツァレラチーズと同様に、カプレーゼとして食べたり、フルーツと一緒に食べるのにも向いています。

オリーブオイルや胡椒をかけてシンプルにいただくだけでも十分美味しいですが、パスタやピザのトッピングとして使用しても濃厚な味わいになってオススメです。

ストラッチャテッラチーズとは、トロトロとした食感が特徴のクリーミーなチーズのこと!

画像素材:iStock

ストラッチャテッラチーズとは、とろりとミルキーな味わいが魅力の「ブッラータチーズの中身」のこと。これからますます人気に火がつくこと間違いなしなので、まだ味わったことのない人はぜひトライしてみてくださいね。

※画像はイメージです。