赤唐辛子とはどんなスパイス?カレーマニアが解説

赤唐辛子はカレーづくりに使用されるスパイス。カレーのスパイスとしてはどのような効果があるのでしょうか?

ここではカレーに関する本を多く出版してきたカレーマニア編集部が赤唐辛子について解説していきます。カレーに詳しくなりたい人におすすめ!

スパイスとしての赤唐辛子とは?

画像素材:写真AC

ナス科で原産地は中南米。完熟した唐辛子をさやごと乾燥させたもの。唐辛子は非常に品種が多いですが、ここで取り上げるのはいわゆるタカノツメ。カレーづくりでは辛味づけに用います。さやごとを油で炒めて加熱し、辛味と香りをうつして使うことが多く、種を取り除くと辛味がマイルドになります。

赤唐辛子はカレーをおいしくするスパイス

おもに赤唐辛子はカレーでは辛味づけに使用されます。スパイスを知るとカレーがより奥深くなりますね。手作りでもお店のカレーでもぜひ赤唐辛子に注目してみてください。

※画像はイメージです
※「カレー大全」「プロに学ぶ新カレー教本 人気21店の作り方・考え方」に掲載した内容を再編集しています