サムギョプサルとはどんなもの?おすすめの食べ方は?フードマニア編集部がわかりやすく解説!

最近よく耳にするようになった韓国料理「サムギョプサル」。名前からはどんな料理なのか想像できない方も多いかと思いますが、本場韓国では定番の焼き肉の一つです。

この記事では焼肉マニア編集部がサムギョプサルの特徴や、その美味しい食べ方について解説していきます。

そもそもサムギョプサルとは?

画像素材:iStock

サムギョプサルとは韓国風焼き肉の一種で、豚の三枚肉を専用の鍋で焼いた料理のことを指します。そもそも三枚肉とは、豚のバラ肉のこと。肉の赤身と脂が交互に3層に重なっていることから、「三枚肉」と呼ばれているんですよ。

日本では焼き肉と言えば牛肉ですが、韓国では豚の焼き肉が主流。三枚肉を少し厚めにカットして焼いたサムギョプサルはとりわけ人気で、日本でも韓流ブーム以降よく食べられるようになりました。サムギョプサル専用鍋は、ジンギスカン鍋のように中央が盛り上がっていて、余分な脂を落とせるようになっているのが特徴です。

おすすめの食べ方は?

画像素材:iStock

サムギョプサルが一般的な焼き肉と違うのは、タレに漬け込まずに焼くという点。厚めの豚肉なので焼きあがるのに少し時間がかかりますが、表面がカリカリと焼けてきたら食べ頃!

サムギョプサルを扱うお店の多くは、焼きあがったものを店員さんがハサミでカットしてくれるので安心です。キムチやニンニクと一緒に、サンチュやエゴマの葉で包むのが定番で、脂の多いサムギョプサルにぴったりの食べ方ですよ。

また、味付けは塩やゴマ油のほか、サムジャンと呼ばれる辛味噌をつけるのも人気。ぜひお好みの食べ方を探してみてくださいね。

サムギョプサルとは豚の三枚肉を使った焼き肉のこと!

画像素材:iStock

サムギョプサルとは豚バラ肉を使った焼き肉のこと。カリカリに焼けた表面と、脂のジューシーさが魅力の韓国風焼き肉で、野菜と一緒にさっぱり食べられます。ぜひ豚肉がメインの韓国スタイルの焼き肉を楽しんでみてくださいね。

※画像はイメージです。