ツナメルトとはどんなもの?フードマニア編集部が分かりやすく解説!

みなさんはトーストに何をつけて食べるのが好きですか?ジャムやあんこなどなど定番の食べ方はいくつかありますが、まだ試したことのない方はアメリカ発祥の「ツナメルト」がおすすめ!

この記事ではフードマニア編集部が、ツナメルトの特徴やその魅力について解説していきます。

そもそもツナメルトとは?

画像素材:iStock

アメリカで定番の朝食メニューのひとつ、ツナメルト。トーストにツナとマヨネーズ、チーズを挟んだお手軽にできるホットサンドイッチです。
「メルト」とは英語で「溶ける」という意味を持つ言葉で、その名の通りとろりと溶けるチーズが魅力的な一品なんですよ。本場アメリカではここに刻んだセロリや玉ねぎも加えて、シャキシャキとした食感を楽しむのが一般的です。

また、オープンサンドであったりカリカリのパンを使ったりと、お店によってバリエーションが異なるのもツナメルトの特徴。コールスローサラダやポテトチップスを付け合わせにして食べるのも本場流です。

ツナメルトのアレンジレシピは?

画像素材:iStock

シンプルな材料で作ることができるツナメルトですが、アレンジとして他に具材を加えることで、より満足感の高い料理にすることもできます。

例えばスライスしたトマトを加えれば、一気にピザのような味に早変わり。他にもゆで卵や細く切ったニンジンを入れてもいいですし、ツナ缶の代わりとしてサバ缶を使うのも美味しいですよ!

ツナメルトとはツナとチーズを挟んだホットサンドのこと!

画像素材:iStock

材料が少ないことに加え、簡単に作ることができるツナメルト。チーズやマヨネーズを使っているため満足感もある一品です。ぜひ普段の朝食に取り入れてみてはいかがでしょうか。

※画像はイメージです。