ホットクとはどんなもの?お菓子マニア編集部がわかりやすく解説

ホットクという韓国発祥のお菓子をご存知でしょうか。食べ歩きにぴったりなモチモチと香ばしいおやつで、日本でも一時期ブームになりましたよね。

この記事ではお菓子マニア編集部がホットクの特徴や、その魅力について解説していきます。

そもそもホットクとは?

画像素材:iStock

ホットクとは韓国屋台の定番菓子で、中に黒砂糖やシナモンを入れて焼いた、平たいホットケーキのようなお菓子です。日本でいう「おやき」のような存在で、韓国では安価で美味しいお菓子として親しまれています。日本でも新大久保などのコリアタウンで買うことができますよ。

ホットクはもち粉や小麦粉の生地に黒砂糖やシナモンで作った餡を詰め、油を多めにひいた鉄板で焼いて作られます。その際鉄板に押し付けるようにすることで、モチモチと香ばしい、平たいホットクに仕上がります。
元々19世紀末に中国商人によって持ち込まれたお菓子で、「ホ」とは「中国」、「トク」は「お餅」を表します。当時は今のように焼いて食べるものではなく、蒸して食べるものでした。それが時代と共に韓国人の好みに合ったお菓子へと変わって、現在のようなホットクになったとされています。

ホットクのアレンジレシピ

画像素材:iStock

実はアレンジの幅が広いホットク。黒砂糖やシナモンだけでなく、あんこやナッツ類、ゴマ、緑茶などを練り込んだものもあれば、生地にトウモロコシの粉を使うお店もあります。

また、中にチーズやハムを包めば朝食にもぴったりな食事系のホットクに!そのほかにもバナナやリンゴ、ジャムなどを包んでも美味しくいただくことができます。ホットケーキミックスを使えば自宅でも簡単に作ることができますよ。

ホットクとは韓国の定番屋台菓子の一つ!

画像素材:写真AC

ホットクとは中に餡を包んだ薄焼きのホットケーキのようなお菓子のこと。韓国では定番の屋台菓子の一つで、日本の「おやき」のように親しまれています。コリアタウンで食べることもできますが、自宅でも意外と簡単にその味を再現することができるので、ぜひ試してみてくださいね。

※画像はイメージです。