アヒージョとは?家でも作れるの?その魅力をフードマニア編集部が徹底解説

ワインと抜群の相性を誇るアヒージョ。少ない材料で手軽に楽しめるため、外食だけではなく家庭料理としても高い人気を誇るスペインの伝統料理です。

この記事ではフードマニア編集部が、アヒージョの魅力や歴史、美味しく作るためのコツを解説していきます!

そもそもアヒージョとは?いつできた料理なの?

画像素材:写真AC

アヒージョとは、オリーブオイルでにんにくを炒め、その油でさまざまな具材を油煮したスペインの伝統食。そのシンプルな作り方からスペイン料理の原点ともいわれていて、スペインバルでは必ずと言っていいほど見かける定番メニューの一つです。

お酒のおつまみとして楽しむイメージが強いアヒージョですが、油で煮られていることもあり、想像以上の満腹感が味わえるのも特徴。前菜やおつまみとしてだけではなく、一品料理としての側面も併せ持つ料理なのです。

アヒージョの生まれた時期や発祥の地は定かではありません。しかし、アヒージョに欠かせないにんにくの産地・チンチョンが首都マドリードの南東郊外にあることや、スペイン南部がオリーブオイルの主産地の1つなどの物理的な理由から、マドリードよりさらに南の土地で生まれた可能性が高いといわれています。

アヒージョの具材や美味しく作るポイントは?

画像素材:写真AC

アヒージョの具材は多岐にわたりますが、中でも人気なものとしてエビやタコ、ムール貝などの魚介類があげられます。日本ではあまり見かけませんが、エスカルゴやウサギの肉などを用いる場合も。

また、鶏肉やマッシュルーム、ベーコンなどの野菜やお肉なども定番の具材の一つです。魚介類が苦手な人でも、具材に気を付ければ十分楽しめますよ。

画像素材:写真AC

アヒージョを作る上で気を付けるべきポイントは、なんといってもにんにくの下処理方法。プロの料理人になると、具材に合わせてにんにくの下処理を変えるほど、味の決め手となる食材なのです。スライスやみじん切り、叩いてつぶすなど、にんにくを臨機応変に使い分けることが、美味しいアヒージョ作りの第一歩ですよ。

同じくらい重要なのが、味を締めるために欠かせない酸味。一般的にはレモンのしぼり汁を使用することが多いですが、鶏肉やウサギの肉はビネガーとの相性も抜群です。

アヒージョはにんにくオリーブオイルの油煮!手軽に作れる1品料理としても人気

画像素材:写真AC

スペイン料理の原点ともいわれているアヒージョ。基本的な材料はオリーブとにんにくだけという手軽さから、家庭でも手軽に作れる一品で。具材のアレンジも無限大で、自分好みの味が再現できるのもうれしいポイント!ぜひ一度作ってみてはいかがでしょうか?

※画像はイメージです
※「改訂版 アヒージョ!アヒージョ!」に掲載した内容を再編集しています