松風焼きとはどんなもの?編集部が解説

和食の調理法には伝統的な呼び名を持つものがあり、松風焼きはその中の一つ。この松風焼きとはどんなものなのでしょうか?

ここでは和食に関する本を多く出版しているフードマニア編集部が松風焼きについて解説していきます。

松風焼きとは?

画像素材:写真AC

松風焼きは食材の表面にケシの実を散らして焼く調理法。ケシの実をちらした表面が派手で裏は寂しいことから、「うら寂しい松風の音」という言い回しにちなんで名づけられました。また、裏には何もないことから、「裏がなく、隠し事をしない正直な生き方をする」と言う思いも込められています。

松風焼きとは、食材の表面にケシの実をちらす調理法!

松風焼は食材の表面にケシの実を散らして焼く調理法です。調理法について知ると、より和食を深く楽しむことができますよ!

※画像はイメージです
※「食事が楽しくなる 会話が広がる おいしいクイズ99」に掲載した内容を再編集しています