フォンデュとはどんなもの?どんなチーズが合う?フードマニア編集部がわかりやすく解説!

肌寒くなると、だんだんと恋しくなってくる鍋料理。いつもの鍋もいいけれど、せっかくなら新しい鍋に挑戦したいという方も多いのでは?

この記事ではフードマニア編集部がスイスの伝統的な鍋料理「フォンデュ」の特徴や、フォンデュ作りに適したチーズについて解説していきます!

そもそもフォンデュとは?

画像素材:iStock

フォンデュとは、アルプス地方やその周辺地域が発祥とされる鍋料理のこと。一般的に「フォンデュ」と言うとチーズフォンデュを指すことが多く、一口サイズにカットしたパンや温野菜を串に刺して、白ワインで煮込んだとろとろのチーズにつけて食べられます。チーズを溶かす前に、フォンデュ鍋の内側にニンニクを擦り付けて香りを出しているのが特徴で、口に入れるとふわっとニンニクの香りも楽しめますよ。

画像素材:iStock

ちなみにチーズフォンデュ以外にも、鍋に油を張って食材を串揚げの要領で揚げて食べる「オイルフォンデュ」、溶かしたチョコレートにフルーツなどをつけて食べる「チョコレートフォンデュ」など、さまざまなフォンデュがあります。

フォンデュに適したチーズは?

画像素材:iStock

一般的にフォンデュ作りに適しているとされるのが、エメンタールチーズやグリュイエールチーズ。どちらも牛のミルクから作られる、クセの無い味わいが特徴のハードタイプのチーズで、スイスを代表するチーズとして知られています。

アニメ「トムとジェリー」でよく見かける穴の開いたチーズは、このエメンタールチーズがモデル。チーズフォンデュ作りには欠かせないチーズで、深いコクと旨味が魅力です。
グリュイエールチーズも、「スイスチーズの女王」と呼ばれるほどクリーミーでナッツのような香りがあり、マイルドな味わいが人気のチーズなんですよ。

お店や家庭によってもチーズのブレンドや配合比率は変わるので、お好みのブレンドを見つけてみてくださいね。

フォンデュとはアルプス地方で生まれた鍋料理のこと!

画像素材:iStock

フォンデュとはスイスやフランスの一部地域で生まれた、伝統的な鍋料理のこと。パーティーメニューとしても人気の料理なので、ぜひ寒くなるこれからの季節に家族や友人と楽しんでみてはいかがでしょうか。

※画像はイメージです。